ゲーム大好き「ふくろう」のブログ

ゲームをメインに趣味ついて書くブログ

【読書】ダイソーの100円本「記憶に残す読書術」ー読書メモ1

本題に入るまで。

プロローグ

読んでも忘れる理由

1-脳をフル回転させてない

2-間違った本を選んでいる

3-読後のアウトプットを行っていない

1章‐読書のメリット

1‐本はインターネットより確実に情報を得られる。

2‐文章力は仕事力。いい文章を書くにはたくさんの本を読み、たくさんの文章を書き

地道に上達させる。

3‐本を読む人が少ない現代では、本を読む読まないで差がつきやすい。

4‐趣味を始めるときに便利。入門書など。

5‐読書はストレス解消になる。

6‐IQが高くなるかも。小説や戯曲は共感力を鍛える。難しい本を我慢し集中して読む。

2章‐本の選び方

1‐値段以上の本に合うために、値段で本を選ばない。

2‐多読・乱読をする。読まないジャンルは食わず嫌いなだけかも?

3‐前書きと目次をチェックし、自分に合ったものか考える。

4‐著者のプロフィールをチェック。実績などが信用度につながる。

5‐趣味や感性が近い人の意見を参考にする。自分に合うものに出会いやすくなる。

6‐憧れの人が強く薦める本を読む。目標にする人のオススメは珠玉の1冊になりやすい。

7‐書評家などプロのオススメを参考に。料理人の薦める料理本など同業者のおすすめもチェックすべし。

8‐ベストセラーやランキングで選ぶ。話題にしやすい=アウトプットしやすい。